« 音声認識自動翻訳システムって使い物になるの? | Main | サンフランシスコ到着 »

声が出なくてご迷惑をおかけしています

晴れ。梅雨の合間。
数日前から夏風邪をこじらせて(医師談)声が出ない。
これが結構不便で、電話をかけられないし目の前で電話が鳴っていても受話器をとれない。
電話をかけたら受話器がはずれてネコの声がしたという話があるが、法律事務所に電話をかけたら無言でぜいぜい息をする音が聞こえる、ではホラーだ。
この状態になって初めて、電話のありがたさがわかった。交渉をしたり、打ち合わせをしたり電話は必需品。
それでどうしても電話をしないといけない場合は、事務員に内容を指示して代わりに電話をしてもらっている。

で、声が出ないと静かで大人しいかと言うと、静かではあるかもしれないが、大人しくはないようだ。相手と対面している場合には、身振りと口の動きとそれにともなうささやき声でしゃべるしゃべる。それでさらにのどを涸らすし、酸欠状態でくらくらしてくるし。
今日の夕方など目の前で鳴っている電話にたまりかね、のどの奥から音をしぼりだして対応してしまった。相手はさぞびっくりなさったと思う。

早く回復しないと仕事にならないから、ここのところ2日に1度くらい医者に行っては窮状を訴えてあれこれ薬を処方してもらい、一体何種類になるだろうと思いながらせっせと薬を飲んでいる。読んでいる本が「しゃばけ」シリーズだから、主人公の一太郎の病状の描写と自分の症状を比べて、まだましと納得したり、私の薬と一太郎の服用している薬はいずれがよりけったいだろうかと考えたり。

薬を飲みながら、忙しいからと昼食をとる時間もなく走り回っているから、お医者様にしたらそれで治らないと言われても、というところだと思う。
以前同じお医者様に別の症状で行ったとき、とりあえず午後の会議に出たいから来たというわけね、休もうというつもりはないのね、と見透かされたともあったし。

解熱剤があるから熱は出ないし、鎮咳剤があるから咳も抑えられるし、他人に感染させる危険はないと思うけど、念のためしばらく会議や研究会は欠席・・・さぼる言い訳かなあ。

病人にしては元気。午後は意味不明な理由をつけて何としても審判書を書きたくないと言い張る家裁の裁判官に囁き声でかみついてきたし(風邪を感染させてたらごめんなさい。多分大丈夫と思うけど。)。
それにしても、自分一人の意見なのは経緯からみえみえなのに「調停委員会の意見としては」と言ってとりあえず攻撃をかわそうとしたり、調停期日をもう一度指定しさえすればもしかしたら調停が成立するかもとか、寝言のようなことを言わずに、私はこれこれの理由で忙しくて審判書を書く時間がないんです、とか、私は都合でちょっとここの部署にいるだけで、少し時間稼ぎをしていたら交代の人が来てくれるんです、とか本当の理由を言えば私もそんなにかみつかなくてすむのに。
裁判官の得意技「そのように聞いておきます」はこの人が言うと全く迫力がない。コンビニのアルバイトがとりあえず客の苦情を聞いたけど対応がわからないという風にしか聞こえない。そういう台詞は仕事をしてから言おうね。

|

« 音声認識自動翻訳システムって使い物になるの? | Main | サンフランシスコ到着 »

Comments

神川先生 様
夏前の風邪はあと引きます。お大事にしてください。
さて、先日から電話しているのですが事務所に一向につながらないのはこのせいでしょうか?
上田利男様の関係でお願いがありますので、できましたらご連絡下さい。よろしくお願いいたします。
京丹後市久美浜町葛野398番地
葛原睦民 0772-69-0080(職場直通)

Posted by: 葛原睦民 | 2009.07.07 at 05:05 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 音声認識自動翻訳システムって使い物になるの? | Main | サンフランシスコ到着 »