« Asahi Metal 最高裁判決 | Main | ヨガ »

ピクニック

曇り。
午後からビーチでピクニックの予定なのに、ビーチの方角(西)が霧に覆われている。
ビーチに着くと風が強く、雲が分厚く、寒い。

めげずに風が吹き付ける丘の上でピクニックを始める。
海岸線がどこまでも続いている。
波が高い。
太平洋だ。高い波と強い波音は日本で見ていた太平洋を思い出させる。
波音はいつも見知らぬ国への憧れと冒険心をかきたてた。
まさか帰っておいでと呼びかけるとは。

この海の向こうに日本がある。日本とアメリカを結ぶ海。日本とアメリカを隔てる海。
アメリカの海軍が力づくで国交を迫ったのは歴史の必然だったのだろうか。
美しい江戸の町並みは歴史から存在することが許されなかったのだろうか。
あれからどれだけの出来事が両国の間にあっただろう。
咸臨丸が見た街。サンフランシスコ。

座っていても寒いので、海岸に降りてバレーボール。
大学卒業以来バレーボールをしていないが、挑戦されたことは受けて立つ主義なので参加する。
中学、高校と体育の授業でバレーボールを習っていてよかった。
しばらくすると体がボールに反応しているのに自分でも驚く。
砂が細かいので、ボールに飛びついても痛くない。けど砂まみれ。
アジア人と欧州人がバレーボールをしているのが珍しかったのか、地元のグループが混ぜてと寄ってくる。
号令はallezだもんなあ。

海岸線はどこまでも続き、空はどこまでも曇っている。風がふきすさんでいる。
ところどころに砂地にへばりつくように植物が植わっている。
散歩に来た犬が波打ち際を疾駆する。
砂に足をとられながらボールを追う。

|

« Asahi Metal 最高裁判決 | Main | ヨガ »

留学」カテゴリの記事

Comments

私も初めて反対側から太平洋を見たときのことを思い出します。この同じ海を何万キロかまっすぐに行くと日本がある。この海岸に打ち寄せてくる波はもしかして何日か前に日本の沿岸で立ったものだろうか...なんて考えたりしました。
バレーボールが役に立ってよかったですね! 私はサッカーが役に立つ経験はしたことがありませんが(って、サッカー超へたくそだったし)。

Posted by: 理屈庵 | 2009.08.25 at 10:16 PM

異国で太平洋を眺めるのは妙な気分ですよね。坂本龍馬や勝海舟はどう見たのだろうかとか、津田梅子の旅はどんな風だったのかとか。

Posted by: 悠 | 2009.08.26 at 02:43 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Asahi Metal 最高裁判決 | Main | ヨガ »