« いわし雲 | Main | 所変われば »

合理的

薄曇りで寒い。やっぱり夏は行ってしまったのかなあ。

ドイツ人は時間に正確で几帳面で合理的な行動をするらしい。

Civic Centerのmuniの駅はBartの駅と隣接していて、地下にある。
しかしBartと違い、現金を改札機に入れる。しかも25セント硬貨しか受け付けない。
そのためBartチケット販売機で両替をしている。

デンバーから遊びに来たドイツ人弁護士はこのシステムを理解するや、片道分ではなく、往復分の両替をした。
あっけにとられていたら、帰りの駅で両替機がないかもしれないでしょう、と・・・。

必要ない、自信を持って必要ないと言える。
帰りの駅に両替機がないかもしれないというところまではドイツ人と同意見だ。
しかしここはドイツではなく、アメリカなのだ。
アメリカ人がそんな複雑なことを考えて行動するはずがない。
また、アメリカ人が不便に対して解決法を持っていないはずがない。
その解決法はたいてい私があっけにとられるようなものなのだが、必ず単純で誰にでもできる方法が用意されている。

結論からいえば、町はずれのその駅には両替機はなかった。
ごく普通にバスに乗るようにして乗るだけで、コインではなく1ドル札が使用できた・・・。

なお、muniに乗るときには1ドル札は必須。
運転手はおつりをくれない。
ある日友人が1ドル札がないと言うと、運転手は今度乗ったときに払ってねと言った。
ここで問題なのは、ときどき改札で検問をしていて、チケットを提示できなければ100ドルの罰金が課せられることだ。
危険きわまりないので1ドル札は必ず持っている必要がある。

|

« いわし雲 | Main | 所変われば »

留学」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« いわし雲 | Main | 所変われば »