« はみがき | Main | 日本市場 »

アメリカの常識?

朝から暑い。真夏日?ここのお天気はよくわからない。

名誉毀損が成立するかという問題でemailを削除するつもりでaccidentalyに送信したと書いてあり、成立要件はintentionalとあったから、intentionalに送信していないと書いたら、これは検討した後の結論だという。かといってintentionalかどうか法的に評価するという議論もしていない。
この国の人が事実と法律を区別しているのかどうかよくわからない。
それで、この次にがんばればいいからね、と慰められると、未開地で呪術師から生活の知恵を学んでいる方がまだしも合理的な話を聞けるのではという気がする。
どちらかというと、不思議の国のアリスが、意味不明の説明を聞きながら歩いているのに似ている。

けんか相手についてたくさんの前科持ちだと事実に反することを書いてemailで多数人に流したときに、損害の発生を争えとの指示があり、どうやって?と思っていたら、解答に相手が訴訟で損害の主張をしていないので勝てると書いてあった。
この国には法律家がいないのか??

busyな道路脇の建物の壁に隣人の悪口を書いたらという設問で、busyな道路は車が速く走るので文字は読めませんとの主張が成り立つと言われたときには絶句した。
日本の裁判所でこんな主張をしたら裁判官はどんな反応をするだろうか?
そもそもこの国の常識がよくわからない。

文字通り想像を絶する解説が返ってくる。


|

« はみがき | Main | 日本市場 »

Comments

昔、アメリカで、濡れたネコを乾かすのに電子レンジに入れたらネコが死んでしまったケースで、電子レンジのメーカーが敗訴したという話を聞きました。

また、マクドナルドで、コーヒーを自分の脚にこぼしてやけどした婆さんがマクドナルドを訴えたところ、「熱すぎるコーヒーをやけどの危険性についての注意喚起をせずに」販売した過失があるマクドナルドにあるとして賠償を勝ち取ったという話も聞いたことがあります。

コモンローは怖いなとは素人ながらに思いました。

Posted by: 理屈庵 | 2009.09.19 at 09:18 PM

試験問題のサンプルに、精神病の薬を服用していることを隠している隣人が、とか、多量のワインを飲んだ後に書いた合意書がとか記載してあり、日本でこういう設例なら意思能力を議論するのですが、解説をみる限り意思能力を問題にしている風もありません。もしかしたら他民族の集合体では何が普通の行動かがわからないから、こういう設問になるのかと思っているのですが真偽のほどは確認していません・・・・。もしかしたらアメリカ法が異常なのではなく、解説している講師の個性の問題かなとも疑っているのですが。

Posted by: 悠 | 2009.09.20 at 03:54 PM

講師が、欧州の裁判所に比べてアメリカは陪審が事実認定をするから民主的な事実認定になると言ったときは仰天しました。事実認定と民主主義って何の関係が・・・って日本もよくわからない理屈で裁判員を導入しているから驚くこともない???

Posted by: 悠 | 2009.09.20 at 03:56 PM

悠先生のコメントを読んでいて思ったのは、日本では何とかして唯一絶対の真実に到達しようと努力をするのに対して、アメリカでは真実に到達することははなから諦めていて、手続き的正義が満足されれば良しとしているのでは、ということです。

先のコメントの補足ですが、今では日本で販売されている電子レンジの取扱説明書にも「生き物を入れないよう」とか、マクドナルドのコーヒーのカップには「中味は熱いので注意」とか記載されています。

Posted by: 理屈庵 | 2009.09.20 at 10:15 PM

こんばんは。面白いですねぇ。「busyな道路は車が速く走るので文字は読めませんとの主張が成り立つ」というのはちょっとおかしいのではないかと思いました。

Busyってのは通行量が多いってことだと私なら解釈しますが,通行量が多ければ,渋滞の発生頻度が高まり,車窓から壁に書いてある文字を読める確率が高まるんじゃないかと思うんですが。よって,論破可能ではないかと思いますが。

いずれにしても,アメリカ人って,ディベートではこんなネタでも議論してますよね。日本的な感覚ではついていけないと思ってもそれは自然ではないかと。そんな生活にどっぷり私もつかっていたので,大きなことは言えませんが。

Posted by: 中年音楽狂 | 2009.09.21 at 01:12 AM

御無沙汰致しております。大阪簡裁のミナミです。在任中はお世話になりました。
友新会の会報でアメリカに留学されたと事を知りました。
今サンフランシスコにいらっしゃるんですね。以前旅行で訪れた地でもあり懐かしくブログを拝見させてもらいました。また,時々ブログを拝見し,コメント致します。
では。お元気で。

Posted by: ミナミ | 2009.09.21 at 11:34 AM

音楽狂様
まじですか、と聞こうかと思ったのですが、答えは予想がつくのでやめました。けど、こんなだじゃれにつきあうのもめんどうなので、この講師の時間はパソコン持ち込んで他の作業でもしようかなと。

Posted by: 悠 | 2009.09.21 at 04:49 PM

ミナミさま
ご連絡ありがとうございます。友新会の会報に何と記載されているのかちょっと不安です・・・。会派のBBSでは一瞬失踪者扱いされそうになりましたし。

Posted by: 悠 | 2009.09.21 at 04:51 PM

理屈庵様
コーヒーでやけどをしたというのは、ドライブスルーで受け取って膝にこぼしてふきとるまでに長時間かかったために重度のやけどになったという事案でしょうか。
to goで紅茶を受け取って横断歩道で走って中身を浴び(2度ほどしてそれ以後横断歩道は走らなくなりました)、なんとなくこちらの消費者の気持ちもわかるようなと思ったりして・・。

Posted by: 悠 | 2009.09.21 at 04:58 PM

マクドナルドのコーヒーの件は、伝聞だったので詳細は承知していませんでした。ネットで検索したところ、このケースだったようです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%83%89%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%92%E3%83%BC%E4%BA%8B%E4%BB%B6

ドライブスルーで買ったのですが、運転は孫がしていたとのことです。

日本よりもto goにすることが多いのでしょうかね。

Posted by: 理屈庵 | 2009.09.21 at 11:58 PM

飲み物や食べ物を持ち歩いている人が多く、飲食物持ち込み禁止と表示している店もあります。そうでない店には飲食物を持ったまま平気で入っているようです。地下鉄は飲み物を持ち込んだら罰金と書いてあります。ちなみにIPのL教授は講義にマグカップ持参していらっしゃいます。図書館は飲食物持ち込み禁止となっているのですが、周囲の学生は堂々とスナックを食べたり飲み物を飲んだり・・・・不思議です。

Posted by: 悠 | 2009.09.22 at 12:29 PM

そういえば私もアメリカでは朝一の授業にはマフィンとコーヒーを持ち込んでいました。
そんなことも忘れていたとは……

Posted by: 理屈庵 | 2009.09.22 at 03:22 PM

プルーストみたいですね。マドレーヌと紅茶。

Posted by: 悠 | 2009.09.23 at 12:02 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« はみがき | Main | 日本市場 »