« December 2009 | Main | October 2011 »

American way

晴れ。陽気。この街の冬はいつ始まるのだろうか?

以前から調子の悪かった部屋のヒーターが年末に働かなくなり、今日ようやく修理してもらう。なくてもたいして問題はないけど、壊れたのなら修理したい。
で、修理のおじさんにヒーターが働かないというと、やおら大きな金づちを取り出し、ヒーターのあちこちをがんがんたたき始めた。そして、ヒーターに向かって、君は働きたい、動きたい、とつぶやき、それでも動かないとみるやヒーターに向かってお祈りを始めた。
それからまたあちこち金づちでたたき、babyと呼びかけていた。
これで直るなら私でもできそう。
次に働かなくなったら、私もヒーターをたたいていい?と尋ねたら、疑わしそうな顔で私を見て、いいけど・・・。

ヒーターの製造元には北欧の国名が書いてあるからアメリカ製ではないけど、頑丈というか、単純というか、原始的というか。
で結局ヒーターは機嫌を直して働いている。

| | Comments (0)

休暇の終わり

晴れ。久しぶりとも思えるほどのCaliforniaの晴天だったので、太平洋側の散歩に行くことにする。
どこまでも続く荒涼としたビーチ。晴れていても波が高い。Golden Gateに向かうコンテナ船に Welcome to the USA とつぶやいている自分に気づき、ここに馴染んでしまっていることに少しおどろく。

Land's End を越え、Eagle Pointまで行き、Legion of Honor まで戻る。ここに来るのは2度目だが、前回と同様、この風景を眺めていると、脳のねじがひとつ飛ぶ感覚を覚える。
ギターがアランフェスを奏でている。単調な噴水。のどの赤い、羽の黒い鳥たちが梢で騒々しく鳴き交わしている。明るすぎる太陽の下、派手なオレンジのオブジェ。

夕刻、湾に面したフェリービルにコーヒーを買いに行く。暮れなずむにつれBay Bridge のライトアップが徐々に輪郭を現す。外海とうって変わって湾内は静かだ。
空と溶け合う海を眺めながら、戦時下だったっけ、と思う。
人がどこに生まれるか、誰が決めるのだろう?
暮れてゆく空に星条旗が翻る。

明日から図書館が開く。

| | Comments (0)

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

ベイブリッジの花火を見てきました。
お正月を花火で迎えるのは初めてです。
海風が心地よく感じられるくらいの気温で、花火日和です。

今年が皆様にも、そして私にもよい年となりますように。

| | Comments (2)

« December 2009 | Main | October 2011 »